独特なデザイン

最後になりましたが、続いては石の部分を色つきの物にすると言うデザインです。ダイヤを色の付いているカラーダイヤに変えたり、メレダイヤの部分を天然石に変えてみたりと、個々人の趣味を色濃く反映できるので、オリジナリティーの溢れる婚約指輪が良いという方や、天然石が好きだという方にはうってつけのデザインでしょう。中でも、お二人の誕生石を入れるようなデザインが人気のようで二人の記念品として想いの籠った婚約指輪になる筈です。

これまで紹介してきたものは基本的なデザインの物となりますが、他にもブランド固有の独特なデザインをした婚約指輪もあります。何らかの動物や植物などをモチーフとしたような指輪や、シンプルなストレートタイプのリングに内側にダイヤが填め込まれている物など、独特のデザインは見ていて飽きる事はありません。中にはリングの造詣が花をイメージしたような細緻な造りの物もあり、その芸術的な美しさはさぞドレスのような華やかな衣装に映える事でしょう。

このように基本的なものだけであっても、様々な種類のものがありますので選択肢に困るという事は無いかと思います。リングや石のデザインだけではなく、材質などにも拘ればその選択肢は無限といって良いほどに膨らむことでしょう。必ず、お二人が気に入るようなデザインの婚約指輪が見つかるはずです。大切な新しい一歩を美しい婚約指輪と共に歩んでください。

 

「参照情報」http://gala-okachimachi.com/fair/fair_e2.html
フルオーダーの要望に応えてくれる婚約指輪情報サイト“ガラ おかちまち”です。

アームに拘る

先に紹介した二つはメインの石に関係するデザインでしたが、続いて紹介するものはアームに拘ったデザインとなります。まずは、パヴェと呼ばれるものです。パヴェとは仏語で敷石と言う意味の言葉で、その名の通りアームにメレダイヤを敷き詰めている号かなデザインとなっています。こうした豪華なデザインは結婚指輪では中々使いづらいので婚約指輪だからこそできるデザインとも言えます。メインのダイヤモンドを付けずに、メレダイヤだけでぐるりと一周覆ったようなデザインもできますのでアレンジ次第で印象の変わるデザインでもあります。

続いての物はエタニティです。名前だけは聞いたことのある、という方もいるかと思いますがエタニティはメレダイヤではなく、同じサイズ、同じカットのダイヤをパヴェのようにぐるりと並べたデザインです。名の通り永遠を意味するこの指輪は、この先もずっと一緒にいようと誓う婚約指輪にぴったりなデザインと言えるでしょう。また、半周のみダイヤを敷き詰めたハーフエタニティというデザインもあるので、フルエタニティでは指の内側に石が当たって違和感がある、という方にはこちらがお勧めとなります。石のサイズやリングのデザインを変える事で、日常生活の邪魔にならないようなデザインにする事も出来ます。上品でありながらもシンプルなそのデザインはどんなシーンにも合わせる事が出来るでしょう。

アームに拘ったデザインの中でも、特にエタニティは結婚指輪との重ね付けも出来るから選んだ、という方も多いようです。結婚指輪と婚約指輪の重ね付けと言うのは、海外ではポピュラーなものでしたが日本では最近になってようやく認知され始めた文化のようです。

石こそ大事

それでは定番と言われるようなオーソドックスな婚約指輪のデザインについて紹介します。まず最もポピュラーで、かつ選ぶ人の多い物。ソリティアと呼ばれるタイプです。石を一つだけセットしたシンプルなデザインですが、シンプルゆえの飽きのこないデザインで、どんな場面にも合わせる事が出来るでしょう。また、そのシンプルな作りから石の質、ダイヤモンドですと4Cと呼ばれるランクなどに拘る方や、石の形を個性的なものにしたいという方に人気のデザインとなっています。婚約指輪で選ばれることの多い石は宝石言葉やその価値から、やはりダイヤモンドが多いので、そのダイヤモンドに拘りたいという方には向いているデザインでしょう。

続いてはメレと呼ばれるものです。こちらはメインのダイヤモンドの脇にメレダイヤという少し小さなダイヤが付いたデザインで、メインの石が引き立てられると共に華やかな印象を与えてくれるデザインとなります。メレダイヤの数や大きさ、配置の形をオーダーする事で印象を大きく変えることのできるデザインですのでこの世にたった一つの自分達だけの婚約指輪を贈る事もできるでしょう。そうしたオンリーワンの品と言うのは心に残るものですし、贈られて嬉しくない女性はいないのではないでしょうか。

婚約指輪を選ぶ中で選ばれることの多いダイヤモンドが映えるのは銀色リングです。特に材質はプラチナが人気の高い物になっていますが、同様にゴールドも人気があります。結婚指輪のように耐久性に制限もないのでお好きな材質の物を選んでください。

婚約指輪を決める為に

パートナーとの結婚をする前にはしなくてはならない事があります。それはプロポーズです。自分の気持ちを相手に伝えて、その気持ちが一緒である事を確認する大切なイベントです。そんなプロポーズの場に欠かせない物、それが婚約指輪です。婚約指輪と言うとまずイメージされるのがドラマなどでよく見る、サプライズで小箱をパートナーに見せて、それを開くと指輪が入っている、というシチュエーションですが、そうしたシチュエーションは実は現実ではあまり多くありません。婚約指輪を購入したという男女の半分以上が指輪は二人で選んだ、という事ですから事実は小説程には奇を衒っていないようです。

そんな婚約指輪ですが、どんなデザインが選ばれるのかと言うと色々な種類があります。婚約指輪は結婚指輪と違い日常的に着ける物ではないので華やかなデザインの物も選ぶ事が出来ます。プレゼントする女性が喜ぶような物を渡せるのが一番ですが、予算などの兼ね合いもありますし、恋人の好みがいまいち分からない、と戸惑ってしまう男性も多いのだと思います。そうした理由から二人で選んで決める、と言うのが主流なのでしょう。

このページではそういった婚約指輪のデザインについてメジャーな物を中心に紹介します。婚約指輪選びの基礎的な知識として見ていただければ、今後恋人と二人で選ぶ時にも、彼女に秘密で用意するときにもお役に立てるかと思いますので参考にしていただければ幸いです。